【東京援交】町田市でセックス好きな人妻と掲示版から求められたドラマのような恋

※この出会いはこちらの→援交多いサイトから見つたお相手との体験談です。

先日、出会い系サイトで、知り合った32歳の主婦のB子とエッチをしました。

町田は援交が多い

東京で出会い系を開けば掲示板は援交募集だらけ。

そんな援交サイトみたいな掲示板でドラマのような出会いを体験できるとは。。

 

彼女は、日記掲示版で、ドラマ昼顔の感想を書いていたので、もしかして、自分も昼顔のようになりたいのかなと思い、『私も、昼顔見ていますが、B子さんもその願望ってあるのですか?』メールをしてみたのです。

すると、彼女から返事が来て、『相手次第かな。』と書いてありました。

セフレ募集や不倫願望っぽいカキコだったのでメッセージ送れば即返信あります。

円目的ではなさそうなので、まずは会いましょう的なので話を進めます。

 

そこで、『私は、どうですか?』と写メを添付して、メールをしたら、『昼間、時間ありますか?』と返事が来たのです。

これは、5年前の写真だけど、会えばヤれそうな雰囲気なので、それなりにドラマっぽい感じ、そうリアル昼顔になるかも?と思い、待ち合わせ場所や時間を決めて、時を待つことにしました。

町田で待ち合わせ

昼過ぎ、私は、彼女の為に、仕事回りを一旦とめて待ち合わせ場所の駅前で、彼女を待っていると、彼女らしき方が来たので、声を掛けてみると、彼女でした。

彼女は、32歳とは思えない綺麗さがありました。

 

喫茶店で、少しお話したのですが、彼女は、昼顔の話をしたり、ご主人とのセックスレスについて話したり等エッチをした雰囲気がありありでした。

サイト内で気にったらラブホ有りでとの約束で会ってるのでタイミングみて誘います。

そこで、私が、ストレートに『今から、ホテル行きませんか?』と誘うと『いいわよ。』と答えた彼女。

その後、喫茶店を出た私たちは、タクシーでラブホテルに行きました。

 

ラブホでセックス(町田のラブホA)

部屋に入ると、彼女からキスをしてきたのです

そのキスがとても、いやらしくて、彼女の舌が、私の口のまわりを舐めまわすので、私の口の周りは、彼女の口紅や唾液がベットリついていました。

その後、彼女は、私の股間に手を伸ばし、触り始めると、ファスナーを下ろし、直接お〇んぽを触り始めたのです。

彼女の温かい手が私のお〇んぽを触るのが、気持ちよくて、たまりませんでした。

その時、既に、私のお〇んぽからガマン汁が大量に出ていましたが、彼女は、そのガマン汁を指ですくうと、『美味しい。』と言って、舐めてくれたのです。

そして、我慢できなくなった彼女は、私のズボンとパンツを強引に下ろすと、いきり立った私のお〇んぽを見て、『主人のより、とても大きい。たまんないわ。』と言って、舐め始めました。

 

彼女は、ノーハンドフェラが上手で、とても気持ちよく、このまま出したい気持ちになりましたが、我慢して、一旦、フェラを止めてもらい、ベッドの部屋に連れて行きました。

そこで、彼女の服を脱がせ、全裸にすると、私も全裸になり、彼女を抱きしめるようにしながら、ベッドに倒れこみ、愛撫をはじめました。

彼女のおっぱいは、お椀型でとても綺麗な形をしていました。

そのおっぱいを舌全体で、舐めたり、舌先で乳首を舐める度に、『ああああ、いいい!』と声を上げて感じる彼女。

そして、彼女のお〇んこを見たくて、彼女の股間に顔を埋めると、ピンク色のお○んこが!

 

年齢からすると、少し黒ずみがあるかなと思いましたが、綺麗なピンク色だったので、しばらく見続けているると、彼女から『恥ずかしい。そんなに見ないで。』と言った後、彼女のお○んこの中から、白い愛液が出てきたのです。

その愛液をすするように舐めると、『あああああ、いいいいい!』と声を上げる彼女。

そして、クリトリスを触りながら、舐め続けていると、『そんなことされる、感じちゃう、ああああ、いいい!』と言った後、『あああああ、ダメ、いっちゃう、いく、いく~。』とエクスタシーに達したのです。

 

その後、彼女がまたフェラをしてくれました。

エクスタシーに達した直後でしたので、彼女は、とてもいやらしい表情で、私のお○んぽを口に含めると、『グチュ、グチュチュ』とエッチな音を出して、しゃぶり続けるのです。

さらに、フェラをしている間、金玉袋やお尻の穴を触ったりしてくれました。

とても、気持ち良くなった私は、早く彼女のお○んこにお〇んぽを入れたくなり、フェラを強引に中止させて、正常位で入れることにしました。

入れた瞬間、彼女から『あああああ、いいいいい!』と喘ぎ声を出して、感じ、さらに、私が腰を動かすと、『あああん。あんん。』と声がドンドン大きくなり、感じまくる彼女。

 

さらに、感じてもらおうと、私が、腰を動かしながら、クリトリスを触り続けていると、『ああああ、ダメ、ああああ、いきそう、いいいいい!』と言った後、『あああああ、いく、いく~。』とエクスタシーに達したのです。

その後も、騎乗位、バック等した時も、クリトリスを触り続けると、最後は、『ヒイイイイイイ、ダメ、いく~。』と絶叫に近い声を上げて、感じまくっていました。

 

私も彼女の喘ぎ声に興奮して、彼女のおっぱいに大量のザーメンを出してしまいました。

彼女は、晩御飯の用意があるので、1回しかエッチ出来ませんでしたが、今度は、朝から会うことにしました。

昼顔でなく、朝顔だと、2、3回は、エッチ出来そうなので、今からとても楽しみです。

東京都町田市のセフレ掲示板の攻略法

 

タイトルとURLをコピーしました